近況報告@シンガポール(2018年3月)

シンガポールに来て3ヶ月目に突入するわけだが、実際どんな風に過ごしているのかFAQ形式で記していこうと思う。

 

 

AD



 

 

Q1)仕事はどんな感じ?

クライアント先に常駐して、先方のIT部門と一緒に日々の業務に携わっている。

従業員は殆ど中華系シンガポール人。上の役職の人は日本人で、他に中国人とかインド人が少しだけいる。

同じITとは言え、日本でやってきた業務アプリ開発とは違うから、新しいことだらけ。

とは言え、暫く旅してて仕事してなかった割には上手くやれているかなと思う。

 

Q2)ローカルスタッフとのコミュニケーションは?

当初の予想より上手く取れているとは思うがまだまだ。

一応業務にそこまでの支障はきたしてないつもりではいるが、シンガポール人スタッフの協力あってのことだと思う。

 

シングリッシュは確かに聞きづらいとは思うけど、こっちのある程度の教育レベルの人達って、学生時代にアメリカとかオーストラリアの大学に留学してたりするから、シングリッシュとイングリッシュを使い分けて、僕には結構分かりやすい英語で話してくれる。

まぁ日本人の英語だって偉そうに言えたもんじゃないし、シンガポール人の方が英語運用能力は確実に上なわけだから、そこはリスペクト払ったほうがいいかなと思う。

ちなみに日本人の所謂カタカナ英語は、向こうからしたら何言ってるか分からないらしい。(お互い様。笑)

僕は発音はなるべく気をつけて話しているから、日本人らしくないって驚かれた。(雰囲気それっぽいだけの結構なんちゃって英語だけど)

 

Q3)残業は?

殆どしてない。しても15分くらい。周りもそんな感じ。

朝も始業時間のちょっと前に来てる。寝坊による遅刻はギリまだしてない。

あと日本の銀行みたいに、始業時間の1時間前に来なければならない、みたいな謎の糞ルールはない。

 

Q4)駐在員との関係は?

良好というか普通。

飲み会もたまにある程度。二次会とかで変なとこ連れて行かれても迷惑だから、これくらいの関係でいいかな。

 

現地採用は奴隷扱いなんて話をたまに聞くけど、そんなことは一切ない。(それやられたら、その時点で辞めるけど)

その辺は業種とかによるカルチャーの違いもありそうだが。

 

あと「駐在員とローカルスタッフの板挟み喰らう」みたいな話も聞くが、仕事している以上、誰かと誰かの間に入って板挟み的になるのは当たり前のこと(上司と部下、クライアントと自社メンバー、自社メンバーと外部協力会社、営業部隊とエンジニア部隊etc)だし、それは別に駐在員とか現地採用とか雇用形態の問題なのではなく、論理的・感情的に許容できる板挟みなのかどうかが問題なのではないかと感じる。

 

Q5)平日帰宅後何してる?

ほぼ毎日ジョギングを10km。

日本にいる時より間違いなく健康的。

ただし今のプロジェクトだからできている話で、今後もずっとこういう生活ができるとは思っていないが。

 

Q6)週末は何してる?

ジョギング。(好きだね)

たまにハーフマラソンとか10kmマラソンのイベントに参加してる。

あとはブログ書いたり、ネットで店探して美味しいもの食べに行ったり、行ったことないエリアに行ったり。

自己啓発は今のところしてない。笑

 

Q7)どこか旅行に出かけた?

日帰りでインドネシアのビンタン島に行ったくらい。

今週末マレーシアのティオマン島にスキューバダイビングに行く予定。

あと今月末は金曜が祝日で3連休なので、クアラルンプールとマラッカに行く予定。

 

3ヶ月働いて貯金もできてきたし、そろそろ近場の国を中心に旅しようかなと思う。(旅中毒再発。。。笑)

 

Q8)住まいは?家高いとか聞くけど。

ルームシェアでHDB(公営団地)に住んでる。

2DKだか2LDKだかの1部屋を間借りして、10万円くらい。

場所も中心部だし、かえって日本よりコストパフォーマンスの良い生活をしている。

 

ちなみに家高いっていうのは、コンドミニアムで一人暮らしした場合。多分軽く20万円くらいすると思う。

 

Q9)食事は?日本食高いとか聞くけど。

昼は殆どホーカー(屋外のフードコート)。

夜も平日はホーカーかな。その後帰宅し、スーパーで買った野菜を食べる。

ホーカーでは、チキンライスとかワンタン麺とか、4〜5ドル(320〜400円)くらいのものを食べている。個人的にはそれなりに楽しんでる。

 

 

日本食は確かに高くて、2〜5割増しくらいなイメージ。

食のストライクゾーンが広くて良かった。笑

 

Q10)日本のもので一番恋しくなったのは?

コンビニの多種多様なサラダ。

こっちもサラダバーが増えてきているものの、なかなか生野菜を安価で手軽に食べられない。

 

 

<総括>

僕の個人的な嗜好を反映させて、ミニマムでネガティブ要素の少ない生活ができているので、これまでのところは満足しているかな。

仕事が楽しくて楽しくて仕方がない、四六時中仕事のこと考えたいって感じでは決してないけど。

 

 

 

AD

1 thought on “近況報告@シンガポール(2018年3月)

  1. ピンバック: 近況報告@シンガポール(2018年7月) – なおとん's Life

ただいまコメントは受け付けていません。