クアラルンプール(1日目)

少し日が経ってしまったが、3月末にクアラルンプールに旅行に行ってきたので、その時のことを書こうと思う。

 

<基本情報(FAQ形式)>

Q1)期間は?

3月30日(金)から4月1日(日)。

30日がグッドフライデーというシンガポールの祝日で3連休だった。

 

Q2)費用は?

ぶっちゃけると、以下の通り。

・航空券:250新ドル(約2万円)

・ホテル:178新ドル(約1万4千円)

・現地費用:150新ドル(約1万2千円)

合計:578新ドル(約4万6千円)

 

2泊3日で5万円切るんだから、やっぱり安いよなぁ。

ちなみに航空券は3連休でこの値段な訳で、普段であればもっと安く、6000円くらい。もちろんLCCだけど。

ホテルとかもっと安くできるし、やろうと思えば2万円台で行けるんじゃないかな。

 

Q3)何でクアラルンプールに行ったの?

まず第一に、安かったから。

プーケット島にまた行きたかったが、前述の通り3連休で航空券代が高くつく時期だったため、なるべく安いところにしようと思った。

 

次にシンガポール生活にある程度慣れてきたうえで、自分がクアラルンプールをどう感じるのか知りたかったから。

クアラルンプールは7年くらい前に会社の新人研修で行ったことがあるのだが、比率は違えど中華系・マレー系・タミル系という人種構成や、ショッピングモールが多い点や、熱帯地域の大都市という点では、シンガポールとそんなに変わらない感じがしてた。

それが今回行ったらどう感じるのか確認して見たかった。

前回は一応会社の研修だったので、そこまで自由行動の時間がなかったっていうのもあるし。

 

そして最後に、まだ行ったことがないマラッカにも行ってみたかったから。世界遺産だって言うしね。

 

 

AD



 

 

とまぁ前置きが長くなったが、ここからは1日目のことを書いていこう。

 

フライトが昼過ぎ発だったので、3時ごろ到着。

クアラルンプール一の繁華街ブキ・ビンタンにあるホテルDorsettにチェックイン。

その後周辺をぶらぶら。

 

シンガポールのオーチャード〜サマセットあたりに比べると、エリアがコンパクトに纏まっている。店舗もそんなに多くないし。

雰囲気も雑然としている感じ。シンガポールとバンコクの中間くらいか。

そして、マレー系が多いだけあって行き交う人々の印象も違うもんだな。

シンガポールでマレー系っていうと結構質素な服装の人が目立つけど、マレーシアだとお洒落なカバン持ってiPhoneX使っている人もいる。

※補足)ざっくりシンガポールは中華系6割、マレー系3割、タミル系1割。マレーシアはマレー系6割・中華系3割、タミル系1割。

 

 

商業施設Pavilionの中にあった”Tokyo Street”。

ここのカシオは日本のカシオよりも日本化している。。。

 

ガイドブックに必ず載っているであろう屋台街アロー通り。

ビールを飲みつつ、サテー(マレー系の串焼き)とマレーシアバージョンのバクテーを食べた。

サテーは肉が柔らかったな。値段も当然シンガポールより安いし。

 

バクテーはシンガポールとマレーシアでかなり違う。

シンガポールのは、胡椒味のスープで具材は豚肉とニンニク一欠片とシンプル。

マレーシアのは、漢方薬や生姜を煮込んだスープで具材は豚肉、数種類の野菜、ワンタンと手が込んでいる。

個人的にはシンガポールの方が好き(爆)

 

参考)シンガポールのバクテー

 

 

 

夕食後少し時間があったので、マレーシアで一番有名な建物であろうペドロナスツインタワーにもサクッと行ってきた。

ブキビンタンからは少し離れており、メトロを乗り継いで15〜20分程度。

相変わらず観光客で賑わっていたなぁ。

 

 

 

AD