The Music Run 2018

先週土曜日に、セントーサ島で行われたランニングイベント、The Music Run 2018 に参加してきた。

https://themusicrun.com.sg/#/

 

僕は大学生の頃からジョギングが趣味だったのだが、去年秋就活の面接結果待ちと就労ビザ発行待ちで暇だったこともあり、ついにハーフマラソンデビュー&フルマラソンデビューを果たした。

結局ハーフ・フル2回ずつ走ってシンガポールに来たのだが、こっちに来てからもほぼ月1回のペースでランニングイベントに参加していた。(フルマラソンはまだだけど。)

 

 

AD



 

 

今回参加したのは、10kmラン。それ以上に長い距離はなかったので。

シンガポールのランニングイベントは、早朝か夕方以降に開催されることが多い。

交通規制を行なう必要があることと、日中は気温が高くなり脱水症などの危険が高まることが理由であろう。

毎週末のようにイベントが開催されるのだが、朝が弱い僕が朝6時スタートのイベントなんて参加できるわけもなく、今回は16時半スタートだったことから申し込みをした。(ちなみにたまに朝4時半スタートとかいう鬼畜イベントもある)

 

スタート前のメインステージ。

オーストラリア人の司会二人が盛り上げていた。

このイベントのスポンサーがAIAだったのだが、この人達が発音するとほぼほぼ「アイアイアイ」に聞こえた。

 

スタート間近になるとエントランスに誘導された。

この頃になると僕は走りたくてウズウズしてた。

 

そんでもってスタート。

 

 

しばらくして完走。

 

結果は。。。

 

 

 

5位。

 

 

あらすごい。

ってかもう少し早くラストスパートかけていれば、4位になれたのに。

 

先に述べたとおり僕は去年大会に出始めたばかりだし、もちろん陸上部経験者でもない。

今回のタイムも別に良くはなく、50分切るか切らないかくらいのものだった。(結構起伏があり苦しいコースだったので。。。)

そんな僕が5位ってどんだけー。

 

まぁおかげで酒税が高いこの国でタダでビールをゲットしたし、悪い気はしないけど。笑

 

走る終わった頃にはステージでバンドによるライブが行われており、芝には18時頃スタートの5kmランに参加するランナーがたくさん座っていた。

今回のイベント自体エンターテイメント性が強かったし、ランナーも記録よりも楽しむことを重視した人が多かったんだろうなー。(じゃないと僕が5位は有り得ない)

とは言え、沿道からの声援であったり、完走した後の満足感であったり、ランニングイベントの魅力を再確認できた。

来月はハーフマラソンに再挑戦。

脚をしっかり作って挑もう。

 

 

 

AD