もしも2014年ブラジルW杯の出場国が48ヶ国だったら

昨日に引き続き、W杯関連の記事を再投稿。

2014年ブラジル大会が仮に48ヶ国だったら、グループリーグはどんな感じになるのか、シミュレーションしてみた。

 

 

AD



 

 

—————————————————————————————————

ということで、シミュレーションしてみた。

 

【大陸別出場枠】

メディアで噂されている出場枠を参考にした。

カッコ内は2014年W杯に実際に出場した国数。(計32ヶ国)

 

・ヨーロッパ  16  (13)

・アフリカ  9  (5)

・アジア  8 or 9  (4)

・北中米カリブ海  6 or 7  (4)

・南米(開催国ブラジル含)  7  (6)

・オセアニア 1  (0)

 

 

【出場国】

大陸予選の成績が良かった国を優先しつつ、適当に16ヶ国増やしてみた。

(太字が増えた16ヶ国)

 

・ヨーロッパ  16

イタリア、イングランド、オランダ、ギリシャ、クロアチア、スイス、スペイン、

ドイツ、フランス、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポルトガル、ロシア、

アイスランド(初!)、ウクライナ、スウェーデン

 

・アフリカ  9

アルジェリア、カメルーン、ガーナ、コートジボワール、ナイジェリア、エジプト、

エチオピア(初!)、セネガル、チュニジア

 

・アジア  9

イラン、オーストラリア、韓国、日本、イラク、ウズベキスタン(初!)、

オマーン(初!)、カタール(初!)、ヨルダン(初!)

 

・北中米カリブ海  6

アメリカ、コスタリカ、ホンジュラス、メキシコ、ジャマイカ、パナマ(初!)

 

・南米  7

ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、コロンビア、チリ、

ベネズエラ(初!)

 

・オセアニア  1

ニュージーランド

 

 

うーん、初出場の国が結構あるけど、EURO2016で躍進したアイスランドと、

南米で唯一本大会出場がないベネズエラ以外には、とりわけ観たい国ではないかなぁ。。

あとスウェーデンが出るので、イブラヒモビッチが観れるのは嬉しい。

 

 

AD



 

 

【グループリーグ組み合わせ抽選】

3チームずつ16グループに分けてみた。

 

・グループ1

ブラジル、クロアチア、韓国

 

・グループ2

イタリア、ガーナ、イラン

 

・グループ3

ポルトガル、エチオピア、オーストラリア

 

・グループ4

ボスニア・ヘルツェゴビナ、セネガル、ヨルダン

 

・グループ5

アメリカ、ウクライナ、ウズベキスタン

 

・グループ6

オランダ、ベネズエラ、メキシコ

 

・グループ7

チリ、アイスランド、ナイジェリア

 

・グループ8

ウルグアイ、ロシア、パナマ

・グループ9

アルゼンチン、スウェーデン、コスタリカ

 

・グループ10

コロンビア、フランス、ジャマイカ

 

・グループ11

ベルギー、チュニジア、イラク

 

・グループ12

ドイツ、コートジボワール、オマーン

 

・グループ13

イングランド、エジプト、ニュージーランド

 

・グループ14

スペイン、エクアドル、ホンジュラス

 

・グループ15

ギリシャ、アルジェリア、カタール

 

・グループ16

スイス、カメルーン、日本

 

 

。。。つまんなそう!!

 

抽選なので必ずしもこうなるとは限らないが、全体的にどうしても小粒になってしまった感は否めない。

(グループ4とかグループ15とか。日本が属するグループ16もかな。キリンカップみたい。笑)

死の組とか滅多にできないんだろうな。。。

 

 

AD



1 thought on “もしも2014年ブラジルW杯の出場国が48ヶ国だったら

  1. ピンバック: もしも2018年ロシアW杯の出場国が48ヶ国だったら – なおとん's Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です