アルバニア系の選手達が大活躍

シャキリ、ずんぐりむっくり感が凄いな。ルーニーをも凌ぐ。

髪型といい体格といい、あんまりサッカー選手っぽくない。笑

 

 

AD



 

 

スイス🇨🇭対セルビア🇷🇸の試合は、前半はセルビアが1点リードしていたが、後半にジャカ&シャキリというコソボ🇽🇰出身のアルバニア🇦🇱系選手達が点を決めて逆転勝ち。非常に見応えがあった。

確か逆転勝利は今大会初めてだったような。

ちなみに未だに無得点の引き分けがない。観戦する側としては非常に良いこと。

 

っていうかスイス強いなー。組織的なだけじゃなくて、シャキリとかジャカとかアルバニア系の個人技で勝負できる選手もいるし。

こういう風に民族とか人種の特性に合わせて、適材適所で選手を配置しやすいのは、多民族国家ならでは強みかなと思う。スイスだけじゃなく、ベルギーやドイツもそうだけど。

 

この試合のスイスのレギュラーのうち、5人はバルカン半島にルーツを持つ。

アルバニア系のシャキリ、ジャカ、ベーラミ、ジェマイリ。ボスニア🇧🇦系のセフェロヴィッチ。

控えにもクロアチア🇭🇷系の選手がいるが、セルビア系はいなかった。

反対にセルビア代表を見渡してみると、スイス生まれのセルビア系選手が数名いた。プリヨヴィッチとか。

たぶんスイス代表だと、アルバニア系が幅を利かせてきて不快だし、マトモにパフォーマンスを発揮できないだろうから、セルビア代表を選んだんだろうな。。

ユーゴ紛争の遺恨、特にセルビア人とそれ以外の民族との争い、啀み合いはまだ終わっていない。

それはたとえ平和なスポーツの祭典であっても、時として露見してしまう。

シャキリとジャカのゴール後に行なった、アルバニアの国章をあらわす鷲のポーズがそうであったように。(本人達は意図を伏せているが。)

試合内容だけでなく、そういう民族の歴史的背景を含めて、非常に興味深いカードであった。

 

 

AD



 

その他の試合では、ブラジル🇧🇷が終盤の2得点でコスタリカ🇨🇷に勝利。

ホイッスルが鳴った後、ネイマールが号泣してた。

まだ第2節なのに。せめて最終節にセルビアに勝ってからにしなさいってね。

あとゴール決めた後首切りのポーズしてたけど、シャキリ達と違って政治的意味はないものの、相手を侮辱する点では完全にアウトだと思うんだけど。

移籍騒動とか含めて、どうもこの選手好きになれないんだよなー。

 

 

AD



 

 

さて今日の試合は以下の通り。

①ベルギー🇧🇪対チュニジア🇹🇳

②メキシコ🇲🇽対韓国🇰🇷

③ドイツ🇩🇪対スウェーデン🇸🇪

 

強豪ベルギー、前節でドイツを破ったメキシコ、背水の陣のドイツといずれも見応えがある試合だ。

週末ということで、翌日のことは気にせず全部見れる。笑

 

 

最後に今日のユニフォーム予想。

 

①ベルギー🇧🇪対チュニジア🇹🇳

・ベルギー 赤、赤、赤(ホームユニ)

・チュニジア 白、白、白(ホームユニ)

 

②メキシコ🇲🇽対韓国🇰🇷

・メキシコ 緑、白、白(ホームユニ・ソックス色替)

・韓国 赤、黒、赤(ホームユニ)

 

③ドイツ🇩🇪対スウェーデン🇸🇪

・ドイツ 白、黒、白(ホームユニ)

・スウェーデン 青、黄、青(アウェイユニ)

 

昨日は2勝1敗で通算成績15勝11敗。

ブラジルとコスタリカのアウェイユニ対決で外した。

今大会というか第2節は、アウェイユニ対決が流行っているね。

 

ナイジェリア🇳🇬のホームユニフォーム、やっぱ格好いいわ。

鷲をモチーフにした柄といい、ビビットなライトグリーンといい、躍動感があって。

試合もらしさ全開の高速カウンターで、アイスランド🇮🇸を粉砕したね。

 

 

AD



 

 

今日のユニフォーム予想も良くて2勝1敗だろうな。

3戦目は予想というより個人的な希望で、スウェーデンの青ユニを見たいな。

よく見ると青の濃淡でグラデーションがかかっていて、なかなか格好いいから。

できれば黄ショーツとの斬新な組合せで。