もう少しロシアにいたかったなぁ

昨日夕方ロシア🇷🇺からシンガポール🇸🇬に戻ってきた。

あっという間の10日間だったなぁ。

時差が5時間ということで若干の時差ボケ、プラス引き続きのW杯ボケ。笑

 

 

AD



 

 

風邪なのか何なのか分からないが、途中で発熱&下痢に襲われ、さらに悪いことに薬を持ってき忘れたためけっこうピンチだったが、何とか気合で2日で直した。(なんじゃそりゃ)

試合観戦にはさほど影響しなかったのは良かった。

 

まぁそんなトラブルに見舞われながらも総じて楽しい旅であった。観光はほとんどしていないし、ロシア料理もあんまり食べてないが。

人生初のワールドカップの試合となったモスクワでのスペイン🇪🇸対ロシア🇷🇺戦は、ロシア人の大声援や国家大合唱など盛り上がり(いかんせんロシアが勝っちゃったからね)非常に感動的なものだったし、カザンでのブラジル🇧🇷対ベルギー🇧🇪戦はレベルが高く緊張感があり、とても見ごたえがあった。

またちょくちょく各国のサポーター(と言っても主にブラジル人だが)と交流できたのも楽しかった。

ロシア旅行の詳細については別途投稿出来たらと思う。

 

 

AD



 

 

僕がロシアに行っている間に決勝トーナメント1回戦、準々決勝は終わってしまったので、生き残っているチームはもう4チームになってしまった。

顔ぶれは、フランス🇫🇷・ベルギー🇧🇪・クロアチア🇭🇷・イングランド🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿。

近年の大会ではあまり見かけないフレッシュな顔ぶれとなった。

僕が結局やらかすチームとして挙げていた、ベルギー・クロアチア・イングランドが見事に残っている。

期待していなかったことをこの場を借りてお詫びしたい。

 

ちなみに僕のベスト4予想は、フランス🇫🇷・ブラジル🇧🇷・スペイン🇪🇸・ドイツ🇩🇪。

ドイツ、スペインは早々にやらかし、ブラジルはベルギーに力負け。なかなか予想通りにはいかないもんだ。

最終的にフランスが優勝すると予想しているのだが結果はいかに。

 

 

AD



 

 

さて、今日は準決勝の1試合目。

対戦カードは、フランス🇫🇷対ベルギー🇧🇪

事実上の決勝戦とも言われているこのカード。隣国対決ということで一層盛り上がりそうだ。

ロシアに残って現地観戦したかったなぁ。(もっと休み取ればよかった。)

 

 

しかしベルギーが今のポジションにのし上がるとは思いもよらなかったなぁ。まさかブラジルに勝つなんて。

10年以上前からヨーロッパサッカーを見てきている身としてはホント信じられないレベルの成長。

10年くらい前なんてそれこそ「ベルギー”なんか”」って感じだった。

隣国のオランダ🇳🇱やフランスは、色々問題は抱えながらも何だかんだ強いのに、似通った民族が暮らしているはずのベルギーはなぜ全然タレントが育たないのかと。

北京五輪世代のコンパニー、フェルトンゲン、フェルメーレンあたりの守備陣が最初育ってきたもののそれだけじゃ十分じゃなかった。

その後アザール、デ・ブルイネ、ルカクあたりの攻撃的な選手がプレミアで覚醒したのがやっぱり大きかったなぁ。

 

 

AD



 

 

最後にしばらく期間が空いてしまったが、一応ユニフォーム予想をしておこうか。

・フランス🇫🇷 紺、白、紺(ホームユニ・ソックス色替)

・ベルギー🇧🇪 赤、赤、赤(ホームユニ)

 

ユニフォーム予想は、グループリーグでは通算26勝22敗。

アウェイユニ対決が多く見られたのが今大会の特徴だな。そんなの予想できなかったので、おかげで勝率5割超えをキープするのが精一杯。

ちなみにアウェイユニ対決の甲斐あって、全32ヶ国中30ヶ国はホーム&アウェイ両方のユニを着用。

日本🇯🇵ポーランド🇵🇱の2ヶ国だけがホームユニのみの着用。

空気読んで日本もアウェイユニ着用しろやっ、クソがっっ。笑

 

決勝トーナメント以降は好調で、通算10勝2敗。

今大会特に決勝トーナメントに入ってからは、色被らないための組合せチェンジは必要最低限に留まっている印象だ。

例えばブラジルもデフォルトの黄・青・白の組み合わせをよく見たし。大体各大会で1回は黄・青・青とか黄・白・白のパターンを見かけるのだが。

今日の試合だと、フランスはベルギーとソックスが赤で被るので、紺に替えてくるだろう。

ベルギーが黄・黒・黄のアウェイユニで来る可能性もあるが、準決勝だしお互いなるべくホームユニで勝負してくるのではないかと予想した。

 

 

そろそろ寝て、深夜2時からの試合に備えるか♪