International Champions Cup in Singapore

昨日はシンガポール・ナショナルスタジアムにて、アトレティコ・マドリーとパリ・サンジェルマンのプレシーズンマッチを観てきた。

 

 

AD



 

 

またサッカー観戦かよと思う人もいるだろうが、実は僕がサッカー観戦をするようになったのはここ数年の話。

ワールドカップを観に行って以降、一層ハマっている感じはある。

 

さてこのプレシーズンマッチ、タイトルは”International Champions Cup”という。

新シーズン前の時期に、アメリカやアジアにてヨーロッパの名だたる強豪十数チームが親善試合を行なうもので、5年前から始まったそうな。

シンガポール・ラウンドには、アトレティコ・マドリ―、アーセナル、パリ・サンジェルマンの3チームが参加し総当たり戦を行なう。

昨日のアトレティコ・マドリ―とパリ・サンジェルマンは最後の試合。

近年のレベル的にはアーセナルより上の2チームだが、東南アジアではアーセナルは未だに人気チームなので、チケットの価格設定はアーセナルの出る試合よりも低くなっていた。と言っても170ドル(1万4000円)したけど。笑

シンガポールで街中歩いていても、アーセナルとリバプールのユニフォーム着てる人はよく見かけるね。(もちろんマンU、マンC、チェルシーもいるけど。)

アーセナルなんて最早プレミアで6位が定位置のチームなのに。

 

 

AD



 

 

というわけで昨日は退社後すぐスタジアムへ向かった。

最寄り駅はStadiumとそのまんまの名前で、実際スタジアムのすぐ近く。

 

僕にとって初のナショナルスタジアム。

この辺スタートの10kmランのイベントには出たことあったけど中に入ったのは初めて。

2014年にできただけあってまだだいぶ綺麗。

 

スタジアムには開閉式の屋根がつけられている。

まぁ熱帯でスコールが発生することもままあるから、さすがに屋根ないときついか。

 

パリ・サンジェルマンのウォームアップ。

優勝したフランス代表に残念ながら選ばれなかったラビオ。(けっこうデカい)

ネイマール、カバーニ、ムガッペなどワールドカップに参戦した主力メンバーはほとんど見当たらなかったな。

今年ユベントスから移籍したブッフォンもいなかった。アーセナル戦は出場したらしいけど。引退前に見ておきたかったが。

アトレティコも然りで、グリーズマンもゴディンもコケもいなかった。

 

試合前にはパリ・サンジェルマンOBのマクスウェルがインタビューを受けていた。

レジェンドと紹介されていた。ふーむ。。

 

 

AD



 

 

選手入場を経て試合開始。

席はなかなかいい場所だ。ワールドカップもこれくらいのところで見られたら最高だな。

 

両チームとも、スタメンには20番台・30番台の選手、すなわち主力ではない選手が多く見受けられた。まぁプレシーズンマッチだしそんなもんか。

それでもパリ・サンジェルマンは先のワールドカップに出場したディ・マリアとかロ・チェリソは先発出場してた。あとドイツの第3キーパーのトラップも。

そういえば以前レアルとかチェルシーに在籍してたラサナ・ディアラが出てた。

懐かしい。パリにいたのね。

背の低い潰し屋タイプのボランチだったのに、昨日は3バックの真ん中やってた。。。リベロタイプでもないだろうに。

 

パリ・サンジェルマンの先制シーン。

前半終了時点で2対0でパリ・サンジェルマンがリード。

 

後半はパリ・サンジェルマンが選手を10人入れ替えるという暴挙に出て、ほとんど30番と40番の選手になった。

当然のことながら僕も誰だか全然知らない。ウィキペディアにも載ってない。

 

アトレティコも負けじと背番号の大きい選手をぞろぞろと変えてきた。

もうどことどこの試合だっけ?って気分。

 

後半はアトレティコが2点返し同点に追いついたのだが、ロスタイムにパリ・サンジェルマンが37番の人のゴールで1点返し、勝利を手にした。

選手は殆ど知らないが、粗削りで意外と面白い試合だった。

パリ・サンジェルマンの選手も試合終了のホイッスルが鳴った後、ピッチに膝をついて喜びを表現してた。

若手のリザーブメンバーばかりの試合だろうとサッカーはサッカー。

試合に勝ったらやっぱり嬉しいよな。

 

 

AD



 

 

試合終了後はパリ・サンジェルマンの選手たちが、”Thank You Singapore”と粋な横断幕を掲げてピッチを回っていた。

 

今回シンガポールで初めて試合観戦して感じたのは、静かだということ。

中立地だしプレシーズンマッチだからなのかもしれないが、チャントもないし当然鳴り物もない。

緊張感はそんなになくて、アフターファイブを仲間とリラックスして楽しむって感じだったし、やっぱり親善試合の雰囲気だったな。

この間カザンでブラジルとベルギーの試合観たときはかなり緊張感があって、みんなプレーに見入ってて静かになる瞬間がたまにあったけど、その静けさとはだいぶ違う。(まぁ比較しちゃダメだけど)

 

点もたくさん入ったし楽しい試合だったけど、次はやっぱりリーグ戦とかワールドカップとか観たいなとも感じた。