バリ(3日目&4日目)

前回に続きバリ🇮🇩旅行のことを綴ろうと思う。

今回は3日目&4日目。

 

 

AD



 

 

<3日目>

この日もダイビングのため早起き。

今回行くところはパタンバイというところで、前日行ったトランベンより近くにある。

ホテルからダイビングショップを経由して1時間弱だったかな。

 

天気は曇りで気温は25度行かないくらい。

ウェットスーツを着ていたもののけっこう寒く、海の中に潜った方が暖かった。

またこの日の海は波がかなり強く、ボートでダイビングスポットまで移動したのだがなかなか揺れた。

生まれて初めて船酔いするかと思ったし。

 

2本目潜ったところは透明度も高く珊瑚が多く生息して綺麗だった。

ドロップオフの地形もとても良かった。

 

この日も相変わらず尿意と戦う時間があった。

人生とは苦しいものだ。苦しみを乗り越えるから喜びがある。(何言ってんだか)

 

 

AD



 

 

2ダイブした後昼御飯。ナシ・チャンプルーを頼んだ。

ナシ・チャンプルーはインドネシア語で”混ぜご飯”という意味。

ゴーヤチャンプルーの方が有名なのでチャンプルーは沖縄方言かと思っていたが、実はこちらが本家。

 

昼食後は移動し3時頃ホテルに到着。

やっぱり2ダイビングだと時間にかなりに余裕がある。

 

 

タクシーを使って、ジンバランという地区に行ってきた。

クタからだと20分くらいだったかな。

こちらのビーチも素朴な感じ。

クタのような繁華街はなく、漁港の近くなので船が多く停泊していた。

 

 

ジンバランで有名なのは、イカン・バカールというシーフードのバーベキュー。

いい感じに煙が立ち込めている食堂を見つけたので入ってみると、店主と思しき男が「魚は持っているか?」と英語で聞いてくる。

何のことやらと詳しく聞いてみると、近くにある魚市場で自分で魚を買ってきたらここの店で調理してくれるとのこと。

つまり材料の調達がセルフサービスのお店。

新しいシステムだなと思ったが面白そうなので市場に行ってみることに。

 

 

市場の雰囲気が好きなので色んな国で魚市場に入ったことがあるが、実際に購入するのは初めてだ。

 

 

まずは魚を一匹、なるべく身体がプリプリした奴を購入。

700円くらい。

日本にいたときからこんな風に魚買ったことないからよく分からないのだが、きっと安いんだよね、これ?

何となく日本だと1000円くらいしそうなんだけど。

 

 

次にエビを4匹購入。300円。

 

 

もう一度さっき行った食堂に入り、「買ってきたぜ」と魚とエピを手渡す。

 

 

ビールをちまちま飲んで待っていると、僕が選んだお魚の彼は見頃に焼かれ味付けされて出てきた。エビ君達もまた然り。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

 

ちょっとした初体験もできたし、なかなかボリューミーかつ美味しかった。楽しかったし、大満足。

 

この後クタまでタクシーで帰ったのだが、渋滞に巻き込まれ着くまで1時間近くかかった。

バリ良い所だけど、渋滞がひどい地域には僕は住めないかなぁ。。

 

 

AD



 

 

<4日目>

最終日はフライトが夕方だったので、それまでクタ地区をぶらぶら。

スミニャックとか他の地区に行くことも考えたが、手持ちのインドネシアルピアも限られていたため、クタビーチでのんびりしたり繁華街をぶらぶらしたりすることに。

 

 

「先生、4ボタンが2つあります」by.ふかわ

 

シュールの元祖ふかわりょうの若いときのネタが何が面白いのかさっぱり分からないのだが、そんなことはどうでもいいとしてホテルのエレベータで撮った写真。

見づらいかもしれないが右下の本来ならば”閉”のマークがあるべきところが、”4”になっている。

何をどう間違えたらこうなるのか。。。

 

 

バリヒンドゥー教のお供え物チャナンは、スターバックスのカウンターにもちゃんと飾られていた。

 

 

AD



 

 

クタの路地をパシャリ。

バリの民家は石塀で囲まれており日本の雰囲気に凄く似てる。ちょうど石垣島とかこんな感じだったな。

行かなきゃ一生分からなかったであろう、ちょっとした発見。

 

 

お昼ご飯そしてバリ旅行最後のご飯は、初日の最初の食事で行った所と同じ所で食事。

店の人が僕のこと覚えてたみたいでフレンドリーだった。

初日はナシゴレン(飯)を食べたが、最終日はミーゴレン(麺)を食べた。

またも「スパイシー?」と聞かれたので、かかってこいやという感じで「イエス」と答えたら、初日よりも辛さが効いたやつが出てきたためすスプライト500mlをぐびぐび飲むはめになった。

額や後頭部から汗が出てきたし結構キツかったな、あれ。

 

 

その後は14時半頃にクタを発ち、空港へ向かった。

クタから空港までは車で20分くらいとかなり近い。

空港でぶらぶらし、2時間半程度の飛行時間でシンガポールに戻ってきた。

人々も穏やかだし景色は長閑だし食べ物は美味しいし、楽しかったなぁ。

 

まぁ翌日熱出して人生初のSick Leaveで会社休むことになったけど(爆)

 

屋台飯ダメだったのかなぁ。。。