ポルトで撮った写真10選

昨年10月に欧州7都市に滞在した。

今更だが各都市で撮った写真のうち、独断と偏見により選んだ写真を10枚紹介。

最終回はポルト編。

 

 

AD



 

 

 

リスボンから電車に乗って約3時間、ポルトに着いた。

ポルトのサン・ベント駅はアズレージョ(絵柄つきタイル)が張り巡らされておりとても綺麗。

 

 

 

ポルトの中心部はリスボンより整然とした印象を受けた。

路面電車の電線が少ないせいかもしれないが。

 

 

 

とはいえ、洗濯物がおもむろにベランダから干されている景色も見ると、やはり垢抜けてないポルトガルの街なのだなと感じる。

アジアだと当たり前のように見かけるけど。(先日滞在したマカオもそうだったけど。)

行ったことはないけど、ギリシャやイタリア南部もこのような感じなのかもしれないね。

 

 

 

ドン・ルイス1世橋から眺める、ドウロ川とポルトの街並み。

 

 

 

メトロですが、ドン・ルイス1世橋以南は地上を走っている。

2002年に開通したので、車両がだいぶ新しい。

おそらくですが、2004年のサッカー欧州選手権に向けて整備されたのではないかと思う。

 

 

AD



 

 

 

「またサッカースタジアムかい」と感じた方もいるだろうが、最終回なので今しばしお付き合い頂きたい。(そういえばスタジアムに見に行かなかったのは、ベルリンだけだったね。クラブチームがイマイチなところなので。)

FCポルトの本拠地、エスタディオ・ド・ドラゴン。

リスボンのスタジアム同様、2004年のサッカー欧州選手権に向けて建設された。

 

 

 

エスタディオ・ド・ドラゴンに設置されていたパネル。

2003-2004年のUEFAチャンピオンズリーグ優勝時の写真。

「FCポルト(ダークホース) 対 ASモナコ(ダークホース)」という史上最もショボい決勝カードだったんだけど、勝った者が強いので文句は言えないね。(後々振り返ると、当時のポルトにはデコ、リカルド・カルヴァーリョなど後にワールドクラスとなる選手が多数在籍していたな。)

当時のポルトの監督があのジョゼ・モウリーニョで、これ以降モウリーニョは欧州のビッグクラブの監督を歴任するようになる。

 

 

 

ポルトの目抜き通り、サンタ・カタリーナ通り。

 

 

 

サンタ・カタリーナ通りにある、アルマス礼拝堂。

外壁がほぼ全てアズレージョで覆われている。

 

 

 

Wonderwall(Oasis)なんて演奏されちゃったら、1ユーロ硬貨くらいあげたくなる。

 

 

★おまけ★

 

ポルトから日本に帰る際経由したフランクフルト国際空港で食した、フランクフルター・ヴルストセット。

細いし味普通だし、日本のスーパーでも簡単に手に入りそうなクオリティでがっかりした。

空港なので仕方ないけどさ。

 

 

AD



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です